被害が拡大する前にハチ駆除を実施することが大切|刺される心配なし

プロに任せる

駆除スプレー

南京虫は生物から血を吸う習性のある虫で、「トコジラミ」という別名で呼ばれることもあります。南京虫は元々日本には存在しませんでした。しかし、江戸時代に海外の船舶を通じて日本にも分布が広がったのです。南京虫は飢餓や温度変化にとても強い体質を有していて、さらに成虫は数多くの卵を産み落とすことで知られています。つまり繁殖力に優れているということです。色々な環境で生きながらえることができてサイズも小さく、繁殖力が高いことが影響してか、現在は全国に多数分布しています。それゆえに、南京虫による被害に遭ったことのある方は日本全国に多数存在するのです。どういった被害をもたらすのかというと、先ほども挙げたように吸血です。対象は人間だけではなくペットのときもあります。活動時間は夜だと言われていて、人間たちが寝静まったときを見計らい吸血行動をとるのです。吸血されてしまうと、患部に強いかゆみが生じます。血を吸う時間というのは主に睡眠時が多いので、かゆみが原因で睡眠の質が落ちるというのも南京虫によってもたらされる被害だと言えるでしょう。

南京虫駆除用の殺虫スプレーなどは市販で手に入れることができます。被害に悩まされている方は利用してみてはいかがでしょうか。しかし、被害が既に大きい場合はスプレーだけでは完全に南京虫駆除を遂行するのは難しいかと思われます。なぜなら、少しスプレーをまいただけでは駆逐できないからです。生き残った虫が繁殖をすすめて被害が再発することも考えられます。確実に南京虫駆除を行いたいのであればプロである業者に依頼するのが賢い判断でしょう。業者が実施する南京虫駆除作業は、依頼先の場所や面積に応じて料金が変動します。そのため、まずはお見積りをしてもらうと良いでしょう。