被害が拡大する前にハチ駆除を実施することが大切|刺される心配なし

保護法を意識する

家

ネコ目イタチ科に属しているイタチは、多くの個体が茶褐色の外見を有している点が特徴で体調は20~30センチくらいだと言われています。一見ネコに近いような外見をしていますが、その外見とは裏腹にとても凶暴な性格だという点も特徴でしょう。イタチは本来、山林や森林地帯に分布しているのですが、最近は人間が生活している住宅エリアにも姿を現すようになってきました。凶暴な性格に加えてイタチは雑食なので、住宅エリアに侵入しては農畜産物を食い荒らしてしまうことがあります。農業を営む家庭にとっては、イタチは厄介な存在だといえるでしょう。

被害に遭わないためにはイタチ駆除などの対策を講じる必要があるのですが、実はイタチ駆除を行う際には鳥獣保護法を意識することが大切なのです。鳥獣保護法というのは、鳥獣を無闇に狩猟することを防ぐための法律です。メスのイタチに関しては、この鳥獣保護法で捕獲や駆除を許可なく実行することが禁じられているのです。イタチ駆除するのではなくて、一度捕獲して山にはなすのであれば大丈夫です。しかし、逃がすだけではまた被害が再発してしまう恐れもあります。その点が厄介なポイントです。もしイタチ駆除を自ら実行したいのであれば、申請書を書いて地方公共団体などに提出する必要があるでしょう。提出しても許可がおりるという保証はありません。もし許可がおりない場合や、手続きなどを省略したいのであれば、許可を得て活動している業者にイタチ駆除を依頼するのが賢い選択だといえます。